宮崎太陽でんさいネットサービス|個人事業主・法人のお客さま|宮崎太陽銀行

宮崎太陽でんさいネットサービス

宮崎太陽でんさいネットサービス体験版

どんなサービス画面で、どんな操作ができるのか、ぜひ実際に体験してみてください。

でんさいネット
(株式会社 全銀電子債権ネットワーク)とは?

でんさいネットとは、事業者(特に中小企業)の資金調達を円滑化するために、国の施策として電子記録債権制度(平成20年12月)が創設され、全国銀行協会が設立した電子債権記録機関です。なお、でんさいネットは、利用者の請求にもとづき電子記録や債権内容の開示を行うこと等を主業務とし、電子記録債権(でんさい)の「登記所」のような役割を果たします。

でんさい(電子記録債権)とは?

でんさいとは、でんさいネットが取扱う電子記録債権であり、手形や売掛債権に代わる新たな決済サービスです。
なお、単に手形を電子化したものではなく手形の問題点も解消した金銭債権です。

お客さまのメリット

支払企業 でんさいの債務者となる企業

  • 手形の保管・紛失リスク、手形発行事務負担の削減できます。
  • 印紙税、手形保管料等のコストが削減できます。
  • 電子化により二重譲渡リスクが排除できます。
  • 支払企業の悩み

    手形の発行は事務手続が面倒で、搬送代の負担も大きい。
    手形の印紙税負担が大きい。
    手形・振込・一括決済など、複数の支払手段があり非効率。

  • でんさいネットで解決

    • 手形の発行および振込の準備など、お支払いに関する面倒な事務負担が軽減されます。
      手形の輸送コストも削減できます。
    • 手形と異なり印紙税は課税されないので、コストが削減できます。
    • 手形・振込・一括決済など複数の支払手段を一本化することが可能となり、資金管理の効率化が図れます。

納入企業 でんさいの債権者となる企業

  • 手形の保管・紛失リスク、管理事務負担の削減できます。
  • 手形の裏書譲渡と同様に、取引先への債権譲渡(一部譲渡を含む)により支払に充当可能です。
  • 自動決済のため取立手続きが不要です。
  • 納入企業の悩み

    手形の場合、紛失や盗難が心配、あわせて保管も面倒。
    手形の場合、必要な分だけ譲渡や割引ができれば便利。
    手形の場合、取立手続が面倒。
    振込の場合、入金日までの資金繰りが大変。

  • でんさいネットで解決

    • ペーパーレス化により、紛失や盗難の心配がありません。
      また、厳重に保管・管理する必要がなくなり、無駄な管理コストを削減することができます。
    • 必要な分だけ分割して譲渡や割引することが可能となります。手形にはない「でんさい」特有の大きなメリットです。
    • 支払期日になると取引金融機関の口座に自動的に入金されますので、面倒な取立手続は不要です。
    • 「でんさい」は流通性の高い債権であり、これまでの資金繰りに利用できなかった債権も譲渡や割引などが可能となり、無駄なく有効に活用することができます。