行動計画

(株)宮崎太陽銀行 「行動計画」

当行では、次世代育成支援対策推進法および女性活躍推進法に基づき、全ての従業員が能力を如何なく発揮し、いきいきと働き続けることができる雇用環境の整備を行うため、次のように行動計画を策定しました。

1.計画期間

2020年4月1日~2022年3月31日までの2年間

2.内容

目標1:男性行員に対する女性行員の平均勤続年数の割合を42%以上とする
目標2:監督職の女性行員を30名以上とする

【取組内容】

  • 2020年4月~ 勤続表彰対象者の拡大を検討する
  • 2021年4月~ 新任女性監督職を対象としたマネジメント研修を実施する
目標3:男女ともに子育てと仕事を両立しながら働きやすい職場環境の整備を行う

【取組内容】

  • 2020年4月~ 男性行員の育児参加を促すために『配偶者出産時の特別有給休暇制度』について周知・情報提供を行う
  • 2020年10月~ 子育てをしながら働く女性行員を対象とした研修を実施する
目標4:従業員一人ひとりのワーク・ライフ・バランスの充実を図る
目標5:有給休暇取得率を45%以上とする

【取組内容】

  • 2020年4月~ 有給休暇の計画的な取得について行内アナウンスを行う
  • 2020年4月~ 職場環境の整備・改善に向け臨店等を通じ従業員よりヒアリングを実施、制度等検討する
  • 2020年10月~ 役員・管理職を対象としたイクボス研修を実施する
女性の活躍に関する当行の課題
  • 男性行員と女性行員の勤続年数の差が大きい
  • 管理職・監督職に占める女性行員の割合が低い
女性の活躍の現状に関する情報公表 2020年3月現在
  • 男女の平均勤続年数の差異 11.4年(男性に対する女性の平均勤続年数の割合 40.9%)
  • 管理職に占める女性行員の割合 2名(1.2%)
  • 監督職に占める女性行員の割合 11名(6.7%)

2020年3月作成