保険商品に関する
ご留意点

保険商品に関するご留意点

  • 保険商品は、保険会社が引き受ける商品です。当行は、保険の募集代理店として契約締結の媒介を行いますが、保険の引受や保険金などの支払いは引受保険会社が行います。
  • 保険商品は、預金とは異なり、元本保証ではありません。また、預金保険の対象でもありません。
  • 引受保険会社が破綻した場合には、生命保険契約者保護機構の保護措置の対象となりますが、ご契約の際にお約束した年金額、給付金額、保険金額などが削減されることがあります。
  • 保険商品にご契約をいただくか否かが、当行におけるお客さまの他のお取引に影響を及ぼすことは一切ありません。
  • 法令上の規制により、お客さまのお勤め先や、融資のお申込み状況などによっては、お申込みいただけない場合があります。
  • 商品によっては、被保険者に健康状態などについて告知していただく必要があります。また、被保険者の健康状態などによりご契約いただけない場合があります。
  • 保険会社による保険金や給付金などのお支払いについて、お客さまが故意に健康状態などの事実を告知されなかったり、事実と異なることを告知された場合などは、保険金や給付金が支払われない場合があります。
  • 契約初期費用、保険関係費用、運用関係費用、解約控除、年金管理費、為替手数料(外貨建て保険)などの費用がかかる場合があります。ただし、費用などは商品毎に費用の種類や料率などが異なるため、記載することができません。なお、引受保険会社から募集代理店である当行に対して支払われる保険代理店手数料については、お客さまにご負担いただく諸費用に追加して別途ご負担いただくものではありません。
  • ご検討にあたっては、各商品の「パンフレット」「契約締結前交付書面(契約概要・注意喚起情報)」「ご契約のしおり」「約款」などを必ずお読みください。
  • 詳しい内容は、当行の保険販売資格を持った担当者(生命保険募集人)にご相談ください。

リスク

  • 個人年金保険は中途解約をした場合、解約返戻金額が払込保険料を下回ることがあります。
  • 一時払終身保険はご契約中に解約もしくは一部解約をした場合、払戻金は払込保険料を下回る場合があります。
  • 外貨建て保険は、為替相場の変動により、保険金などの受取時の円換算額が、一時払保険料や保険金などの契約時の為替相場による円換算額を下回ることがあり、損失が生じるおそれがあります。
  • 変額保険は、国内外の株式・債券などで運用しており、運用実績が保険金額や積立金額・将来の年金額などの増減につながるため、株価や債券価格の下落、為替の変動により、積立金額・解約返戻金額は既払込保険料を下回ることがあり、損失が生じるおそれがあります。
  • 市場価格調整機能付保険は、市場金利に応じた運用資産の価格変動が解約払戻金に反映されるため、市場金利の変動により解約払戻金が既払込保険料を下回ることがあり、損失が生じるおそれがあります。
  • 運用実績は損失を含めて、すべてご契約者さまに帰属します。

投資信託に関するお問い合わせ・ご相談は

お電話でのお問い合わせ

営業企画推進部

0120-886-254

受付時間
平日9:00~17:00(銀行休業日を除く)