特定口座

「特定口座」とは、個人のお客さまが公募株式投資信託を換金(解約・買取・償還)した場合の譲渡損益等を当行がお客さまに代わって計算し、「年間取引報告書」を作成する制度です。

「特定口座」と「一般口座」の違い

お客さまが公募株式投資信託を換金された場合、「特定口座」と「一般口座」でのお取り扱いは、次のようになります。

「特定口座」と「一般口座」の違い
  • 特定口座で計算されるのは、解約・買取・償還による譲渡損益となります。「源泉徴収あり」の特定口座では普通分配金も計算されます。
  • 「源泉徴収あり」の場合は、確定申告が不要ですが、「源泉徴収なし」の場合は確定申告を行う必要があります。
  • 特定口座を開設いただく前の換金等につきましては、譲渡損益や税額の計算の対象となりませんので、「特定口座年間取引報告書」には記載されません。

特定口座のメリット

  1. メリット

    1

    取得額の管理や損益の計算をお客さまに代わって宮崎太陽銀行が行います。

    • 特定口座での年間の譲渡所得等を記載した「特定口座年間取引報告書」を作成します。「特定口座年間取引報告書」を利用することにより、比較的簡易に確定申告を行うことが可能になります。
    • 「特定口座年間取引報告書」は、翌年1月31日までにお客さまのお届けのご住所に郵送いたします。
  2. メリット

    2

    「源泉徴収あり」の口座を選択された場合には、確定申告が不要となります。

    • 「源泉徴収あり」の口座では、換金・償還の都度、年初からの譲渡損益を計算して、利益であれば源泉徴収を行い、損失であればすでに徴収した税額から還付を行います。譲渡損失と普通分配金との通算は年1回(毎年12月末)にまとめて行い、還付金がある場合は翌年の年初に還付されます。
    • 「源泉徴収あり」の口座をご選択後も、(特定口座年間取引報告書を利用して)確定申告をすることで、一般口座や他の金融機関の特定口座との損益通算、損失の繰越控除を行うことができます。

投資信託に関するお問い合わせ・ご相談は

お電話でのお問い合わせ

営業企画推進部

0120-886-254

受付時間
平日9:00~17:00(銀行休業日を除く)